世界へ、未来へ、夢のチカラでWorld Peace 一般社団法人ドリームマップ普及協会

支援

ドリームマップとは

ドリームマップは目標達成のためのビジュアルツールです。

ドリームマップは、直訳すると「夢への地図」。将来なりたい自分の姿をイメージし、台紙の上に写真や文字で表す自己実現のための目標達成ツールです。

2002年に代表の秋田稲美(あきたいねみ)発案のもと誕生して以来、のべ3万人以上が思い思いのHappyな夢をドリームマップに描いてきました。

人はワクワクするような夢(目標)を設定し、それが実現した状況をリアルに想像・宣言をすると、その実現に向けて主体的かつ積極的に行動することができるようになります。よりよい未来をイメージし、見通すことで、ポジティブな思いで毎日を過ごしたり、変化を楽しんでみたり……そんなきっかけとなるのがドリームマップなのです。

ドリームマップは、次の5つの理念「ドリームマップポリシー」によってはぐくまれています。

ドリームマップポリシー

  • 自分の“好き”“ワクワク”を知っています
  • 夢を具体的に描き、信じ、伝えています
  • 夢をはぐくみ、夢に向かって行動します
  • まわりの人たちの夢を応援しつづけます
  • 夢のチカラで笑顔の輪をつないでいます

夢を描くのに資格や年齢制限などは必要ありません。

夢を描くのにその夢の大きさやかなう確率なども不問です。

ドリームマップ普及協会では、「どんな時代に生まれ、どんな環境で育ち、どんな個性を持ち、どんな生き方を選び、どんな社会的立場にいようとも、みんな平等に、夢や目標を描くことができるはず」そう信じて活動しています。ドリームマップを通じて生まれた夢のチカラで、世界や未来が元気になり、たくさんの笑顔をつなぐことが私たちの夢です。
(*「ドリームマップ」は一般社団法人ドリームマップ普及協会の登録商標です)

ページ上部へ

ドリームマップの2つの柱

ドリームマップ講座〔実践〕では、コーチング理論やNLP心理学をふまえた独自の研修プログラムを通じて実際にドリームマップの作成・夢の宣言までを行います。

自己分析→夢(目標)の設定→具体的な行動への落とし込み、という3ステップ「夢をかなえるワン・ツー・スリーの法則」に基づきながら、「夢の4つの視点」を使ってオンリーワンの夢を描いていきます。

ページ上部へ

夢をかなえるワン・ツー・スリーの法則

夢をかなえるワン・ツー・スリーの法則

夢って一体どうしたらかなうのでしょう? 実は夢をかなえるには進める順序がとても大切なのです。

私たちの脳には、車の「カーナビ」機能に似た仕組みが備わっていると言われています。

カーナビ操作では行きたい場所に向かうのに、①現在地を確認し、②目的地を入力すると、③目的地へのルート(道順)が表示されますね。夢がかなう仕組みもこれと同じです。

まず、①自らが置かれている現状を知り(自己分析)、②夢をハッキリ・明確にさせることで、①と②の距離を明らかにします。そして、その差を埋めるのに③相応しい行動を起こせばいいのです。毎日の仕事や勉強、スポーツや音楽の上達などに欠かせない練習というのは、人生の目的や夢をかなえるための手段であり、それ自体が目的ではありません。どうなりたいか?が定まっていると、仕事を通じて成長する喜びや夢を実現していく楽しみを感じることができます。

ドリームマップでは、この3ステップを「夢をかなえるワン・ツー・スリーの法則」と呼んでいます。

ページ上部へ

夢の4つの視点

あなたはどんな自分だと心地よいですか? 誰を笑顔にしたいですか?

あなたの夢がかなったとき、家族や友人、あなたの大切な人にはどうなっていてほしいですか?

世界が、日本がどうあれば、私たちは幸せでしょうか?

あなたの夢は、まわりの人や社会のHappyにつながっているでしょうか?

ドリームマップでは、自分にも、まわりの人にも、社会にとってもHappyな夢を描くことが「夢の実現」 には欠かせないと考えています。そのため、「夢の4つの視点」を使って描きます。

ドリームマップの4つの視点
  • 自己実現(物質的なこと)… 家や車など、手にいれたい持ち物やライフスタイル
  • 自己実現(精神的なこと)… 性格や能力など、あなたがあなたらしくいられる理想の姿
  • 他者への貢献 … 家族や友人、仲間など誰と一緒に笑顔になりたいか?
  • 社会への貢献 … どんな社会だったら住みやすいか?自分は社会にどんな形で影響を及ぼしているか?

ページ上部へ

ドリームマップがはぐくむ「生きる力(チカラ)」

ドリームマップの出来に優劣はありません。ドリームマップ作りは、自分のミッション(使命=命の使い方)を明確にしていく作業ですから、誰かと競争したり、第三者に評価されたりするものではないのです。

ドリームマップでは、夢(ビジョン)を描き、夢(ビジョン)を信じ、夢(ビジョン)を伝え、「主体的に生きる力」をはぐくむことを目的としています。

ドリームマップがはぐくむ「人生を豊かにする7つの力(チカラ)」

  • 自己肯定力
  • 目標達成能力
  • 行動実行力
  • 他者包容力
  • 社会貢献姿勢
  • コミュニュケーション能力
  • プレゼンテーション能力

ドリームマップとPDCAサイクル

DMyakuwari

自律的・継続的に成果や付加価値を生み出すための行動サイクルは、「Plan→Do→Check→Action」です。
ドリームマップは「Plan→Do→Check→Action」のサイクルを回すために必要な、自立自走の原動力(エネルギー)を養います。

ページ上部へ

多彩に広がるドリームマップ

学校でドリームマップ授業!

~子どもの生きる力をはぐくむ~
キャリア教育の一環として、小・中学校の総合学習、高校・専門学校・大学の進路指導カリキュラムとしてで実施されています。
2分の1成人式や卒業式での発表ツールとしても活用されています。
詳しくは特設サイトへ
ドリームマップ授業を提案します

職場でドリームマップ研修!

~自立自走できる人材を育てる~
社員研修や職場イベントとして、個々人のやりがいや夢を確認、働く意欲を高め、可能性を引き出します。
また会社や経営者が掲げる目標・ビジョンをチームや組織全体で共有できるビジュアルツールとして活用されています。
詳しくは特設サイトへ
職場応援サイト幸せな社員が、幸せな職場をつくる
  • 自宅で我が子や孫にドリームマップ
    • 一番身近な存在であるパパやママ(祖父母)ができることは、子どもたちの主体的な行動を見守り、サポートしてあげること。ドリームマップでは子どもの自立心を育てることができます。
  • 地域の人々が集まってドリームマップ
    • 「今日は、みんなで楽しみながら夢を描きましょう!」子どもから大人まで同じ地域の住民が夢を発表し互いの夢を応援することにより、仲間意識が深まり防災ネットワークにもなります。
  • 障がいをもった方々へドリームマップ
    • 夢を描くことで毎日が楽しくなる。夢を描く楽しさを障がいをもった方々へ伝えたい!自由で純粋な想いをドリームマップに表すことにより、 夢を描く楽しみは平等であることを知ります。
  • 小学校、中学校でドリームマップ
    • キャリア教育・ドリームマップ授業。自分の夢を自由に描き、その夢を具体的に表現することで身近な大人や社会への理解を深め、実現へむけて主体的に行動するチカラを育てます。
  • 高校、専門学校、大学のキャリア教育にドリームマップ
    • キャリア教育・ドリームマップ授業。25歳になった自分をリアルにイメージし、自らのキャリアを明確にデザインすることで自らの社会的役割や就業に対する意識を高めていきます。
  • 新入社員研修、内定者フォローにドリームマップ
    • 会社が掲げる目標やビジョンと、社員個々人のやり甲斐や夢、成長したい方向とベクトルを合わせることで、社員の意欲を高め、自ら考え自ら動き自ら結果を出す自立型人財を育成します。
  • 社員の階層別研修にドリームマップ
    • 具体的なポジション意識に目覚める「きっかけ」をつくります。 設定した目標を確認し続けることにより、継続的に成果や付加価値を生み出すエネルギーを持続させます。
  • 社員のワーク・ライフバランス研修にドリームマップ
    • 働くことを通じて実現したい未来を描き、自らのキャリアやライフプラン立て、 自利と利他のバランスが絶妙な夢を描くことで、仕事も私生活も充実した人生を歩みます。
  • 定年前セカンドキャリア研修にドリームマップ
    • 定年を前にセカンドキャリアをドリームマップに描くことは、人生の価値や意義を意識するきっかけになります。育ててくれた社会へのご恩返し、自利から利他への転換です。
  • 新規事業、起業プラン作成にドリームマップ
    • 起業家に必要不可欠な「情熱」や「志」をドリームマップに表現します。ビジュアル化することで「なぜ、起業するのか?」事業の必然性と諦めない理由が明確になります。
  • 企業のPRイベントにドリームマップ
    • 単なる商品やサービスのPRではなく、その商材を通じて企業が生活者に届けたいメッセージや商品やサービス。共に迎える未来のイメージを共有し、共感し合うことができます。
  • 企業のCSR活動にドリームマップ
    • 社会の問題や課題を解決するCSR(企業の社会的責任)の一環として「ドリマプロジェクト2020」に賛同・応援することで、未来を担う人材の育成に関わることができます。
  • サークル活動、チームの活性化にドリームマップ
    • 今まで数字や文字で表してきた目標にドリームマップを加えることにより、目標の共有化が進むだけではなく、 メンバーそれぞれの当事者意識や責任感を育むことができます。
  • 村・町興しにドリームマップ
    • さまざまな世代や価値観を持つ人々がドリームマップを通じて出会い、交流することにより自分たちの住む地域の未来を真剣に考え、 行動するきっかけを提案します。
  • 海外の方々との交流にドリームマップ
    • たとえ言葉が通じなくても、夢は通じ合える。世界の平和と家庭の安全を願う世界中の人々と繋がるツールとして、ドリームマップをご活用ください。

あなたの自由な発想でドリームマップ
ドリームマップは、さまざまな場所で使えるツール。上記以外の使い方も、あなた次第です。

ページ上部へ

ドリームマップの沿革

2002年
  • 夢をかなえる目標達成ツール「ドリームマップ」が誕生。
  • 株式会社エ・ム・ズのCSR事業として開始し、主催:名古屋商工会議所・共催:日本商工会議所 「女性のための創業塾」プログラムとしてスタート。
2003年
  • ICP(Independence Coach Program)認定コーチ(後の認定 ドリマ先生)養成講座が始まる。
2004年
  • 経済産業省「起業家教育促進事業」で公募された教育プログラムの1つとして採択され、全国の小・中・高校生のべ約1万人がドリームマップ授業を受ける。(平成16年度~18年度)
  • また、高校・大学・専門学校のキャリアセンターと提携し、就職対策セミナーやインターンシップ前研修、またキャリアデザイン・キャリア開発の一環としての導入が進む。
2006年
  • 教師・保護者に向けて、子どもとの関わり方をドリームマップ授業を通して伝えた『ドリームマップ ~子どもの生きる力をはぐくむコーチング~』(秋田稲美・著/大和出版)を刊行。
  • また、社会人・大学生に向けに『3年後“なりたい自分”になれるドリームマップ』(秋田稲美・著/大和出版)を刊行。
2009年
  • 企業においての女性社員活躍推進、キャリアデザイン、ワークライフバランスをテーマにした研修などでドリームマップ研修の導入が進む。
  • ダイバーシティ推進に向けて始めの一歩を踏み出すツールとして、ドリームマップの導入や活用が広がりをみせる。
2012年
  • ドリームマップ誕生10周年を記念して、認定 ドリマ先生の有志が発起人となり、
    「一般社団法人ドリームマップ普及協会が設立・登記される。
  • 「世界へ、未来へ、夢のチカラでWorld Peace!」という協会理念を掲げ、「一日でも早く、一人でも多くの方々へドリームマップを普及すること」を推進しています。
2013年
  • 東日本大震災で甚大な被害を受けた被災地でのドリームマップ支援活動がスタート。5月には、気仙沼子ども劇団「うを座」7月には大船渡市立大船渡中学校でドリームマップ授業を実施。
  • 「海外へのドリームマップ普及も始まる。6月に協会 代表理事の秋田稲美が渡欧し、ヨーロッパ各地の日本人学校や地域コミュニティでドリームマップ・ワークショップを展開。フランクフルト支部(認定 ドリマ先生10)が誕生する。
  • また地域の拠点として岩手・東京・静岡・三重・大阪・広島の各地に支部ができ、各支部でICP認定 ドリマ先生養成講座(ベーシック講座)が開催されるようになる。
2014年
  • 3月 海外の現地校では初となるドリームマップ授業をモンゴルの小・中・高一貫の私立校にて実施。モンゴル人の子どもたちがドリームマップを描き、現地テレビ局の取材を受ける。
  • 4月1日 Dream oriented society 夢を原点として考えたとき、社会はどう再構築されるんだろう?の問いを掲げ、「ドリマプロジェクト2020」をキックオフ。

ページ上部へ

dm_logo

ドリームマップロゴ

ドリームマップのロゴは「大海を進むヨット」。右上にある「青い星」は、夢を表しています。

ロゴを通じて、次のようなメッセージを伝えたいと考えています。

海の荒波のような困難がやってきても、夢さえあればがんばれる。

自分がどこにいるか分からなくなっても、夢がハッキリしていれば迷わない。

夢は希望、夢はあなたを支えてくれる、夢はいつもあなたの味方です。

ページ上部へスクロール